社殿案内

那智山

大門坂

熊野古道は、往古熊野詣の人々が通った道を指し、京洛の地より山川80里片道15日間の行程であり、熊野九十九王子で有名であります。
当社付近には大雲取・小雲取越えや、800余年を経た夫婦杉のある大門坂が、昔の石畳の姿のまま今に残っており、国指定の歴史の道として保護されています。

清涼亭

中世の頃、熊野詣に足を運ばれた法皇様、上皇様の御宿泊所「実方院」跡に建てられており、現在は御参拝でお疲れになった皆様の休憩所として御利用を頂いております。

サイトTOPへ