祭典・行事

権現講祭

当社では、毎月18日午前9時より権現講祭(ごんげんこうさい)を斎行致しております。
権現講祭とは 宮司により神道護摩(しんとうごま)を焚き上げるなか、祭員 参列者で大祓詞(おおはらえ)を奏上し、国の弥栄と崇敬者の皆様の健勝と願い事をご祈念する祭でございます。

このお祭では皆様の御参列、遠方の方には郵送のご案内しております。
時間、式次第は下記の通りです。

権現講祭式次第

毎月18日  御初穂料お一人様 2,000円より

時間 式次第
午前8時40分まで 受付 熊野那智大社社務所へ ※駐車場あり
8時40分から55分 神道護摩に願い事、氏名を書きます
9時 権現講祭参列
(式次第)
修祓(しゅばつ) 祭員よりお祓いを受けます
宮司一拝
献饌(けんせん)
神道護摩焚き上げ 参列者がお書きになった護摩木が
宮司により焚き上げられます
参列者は宮司以下祭員に併せて大祓詞奏上
(※大祓詞は祭典前に皆様にお配り致します)


祝詞奏上
神楽「那智の瀧舞」奉納 当社独自の神楽です
玉串拝礼 代表者に合わせて拝礼を行います
撤饌(てっせん)
宮司一拝
直会 参列者には撤下品を授与致します
尚、本殿前での御参拝ご希望の方はご案内致します
10時 終了 那智の瀧祈願所での参列も承っております
サイトTOPへ