祭典・行事

初午祭

初午は二月最初の午の日をさし、全国稲荷社の御本社である京都の伏見稲荷大社の神が降りた日が和銅四年(711年)のこの日であるとされ、稲荷神の縁日にあたります。

当社の摂社御縣彦社では相殿として稲荷神をお祀りしているため、御縣彦社前にて祭典が執り行われます。 また、当日の御祈祷には「午の御札」が併せて授与されます。

サイトTOPへ